HOME > 先輩の声 > 長嶋 秀星(わかば薬局)

先輩の声

多種多様な症例・薬の知識を身につけて、「ゼネラリスト」になりたい。

入社1年目のインタビュー

長嶋 秀星
わかば薬局 薬剤師
2018年入社 新卒入社 日本大学卒

実務実習で感じた、わかば薬局の魅力。

――長嶋さんが薬剤師や医療業界に興味を持ったのはいつ頃ですか?

小さな頃、曾祖母をガンで亡くしまして。それが子どもながらにとても心残りで、「薬で治せるようになれば……」と思ったのが薬学に興味を持ったきっかけです。実際、大学時代も当初は新薬などの研究職を志望していました。

――「薬剤師として働こう」と思ったきっかけはなんだったのでしょう?

大学5年の実務実習で現在勤めている、わかば薬局にお世話になったんです。その時に、現場で患者さんと接してサポートしていく仕事に魅力を感じました。ですから、あのときにわかば薬局以外で実習をしていたら、今頃まったく別の仕事をしていたかもしれません。

――実習での体験が薬剤師としての道を選ぶきっかけになったわけですね。

そうですね。それと同時に当社に応募するきっかけにもなりました。仕事の内容以外にも、会社が所属する医療団体「民医連」の研修制度が充実していることや、幅広い業務経験が積めることも魅力でした。あとは何といっても、実習でお世話になった方々の温かな人柄。社長からじかに社内の制度や社風について話してもらう機会もあり、「このフレンドリーな雰囲気の中で働きたい」と思えました。

様々な医療従事者の視点を学べた、民医連の研修。

――民医連の研修では、どんなことを勉強しましたか?

まずは民医連が考える「医療従事者に求められる心構えや姿勢」についてのレクチャーを受け、患者さんに対する接遇講習や薬害について学ぶ講義もありました。また、民医連の研修では、各地の病院・薬局に勤務する医療従事者が一堂に集まって研修を受ける機会があります。そのため、メンバー間でグループディスカッションや意見交換の機会も多く、調剤薬局にはない幅広い知見を得ることができました。

――具体的にどういった職種の方が集まったのですか?

薬剤師をはじめソーシャルワーカー、ドクター、看護師、事務など、医療現場に携わるすべての職種の方々が参加します。特に記憶に残っているのが、具体的な患者さん対応についての意見交換です。薬剤師はまず、「どういう薬を使うべきか」を考えますが、ソーシャルワーカーや事務の方は、経済面での負担や患者さんの生活環境について思いを巡らせていました。
そうした視点から考えると、提供すべき薬も変わってくるんですよね。患者さんをひとつの面ではなく、多面的に見て適切なサポートを模索する重要性を学びました。

――民医連の研修以外にも、スキルアップに向けて取り組んでいることはありますか?

薬局内での勉強会はもちろん、時間を見つけては地域の薬剤師会が主催する勉強会やセミナーに参加しています。インフルエンザ、糖尿病、HIVなどさまざまなテーマで行われていて、幅広い知識を習得できます。まだまだ勉強の日々で、現場で服薬指導をしていると知識不足を実感することも多いので、こうした勉強会は非常に役立ちますね。

地域の皆さんの役に立つ存在になりたい。

――長嶋さんは、外部で学んだこともすぐに現場で活かしているわけですね。

服薬指導や調剤といった基本業務以外にも、当薬局では地域の福祉イベントなどに参加する機会があります。たとえば、新人メンバーで糖尿病の仕組みや薬の働きをまとめた手作りポスターを展示し、参加者に分かりやすく説明するといった活動も行っています。

――薬局の外に出て活動する機会もあるのですね。

こうした調剤薬局の枠を超えた活動は地域貢献にもつながりますし、「たくさんの方々に健康づくりや薬の知識を提供できる」ことに、薬剤師としての本分と言いますか、大きなやりがいを感じますね。

――長嶋さんが目指す「理想の薬剤師像」はありますか?

ひとつの分野を極めるというより、あらゆる薬剤の知識を身につけたゼネラリストになりたいと思っています。そのためにも、学びの機会があれば積極的に参加したいと思っています。

――では最後に、就職に向けて頑張っている方にアドバイスをお願いします。

卒業試験や国家試験を控えていると、いくら勉強しても不安になると思います。ただ、そこで諦めないで欲しい。今の努力は、どんな形であれ未来につながる一歩になります。
私自身、何度もつまづいて、それでも勉強し続けてきたタイプです。きっと道は切り拓けるはずです。お互いが歩む道の先で出会い、一緒に働けるようになれば嬉しいです。