HOME > 先輩の声 > 岡村 美里(わかば薬局パークビュー)

先輩の声

医師に、看護師に、患者さんに。頼りにされる薬剤師になる。

入社2年目のインタビュー

岡村 美里
わかば薬局パークビュー 薬剤師
2017年入社 新卒入社 日本大学卒

将来も長く働ける環境を求めて。

――岡村さんが薬剤師を目指すようになったのは、いつ頃からですか?

私が学生の頃に、祖父が入院したんですね。その時に、薬剤師さんが病室まで何度も来てくださって、すごく親切にしていただいたんです。薬の効果や副作用の話はもちろん、病気についても詳しく話されていて、「薬剤師さんって、こんなにすごい仕事なんだ」と驚きました。それに仕事として考えると、国家資格が必要な仕事なので一生続けられることも魅力的でした。

――外苑企画商事と出合ったきっかけは何だったのでしょうか?

通っていた大学では病院薬学の研究室にいて、学生時代は病院勤務を希望していたんです。ただ、実務実習で調剤薬局を経験して、こちらで働くのも良いなと。そこですっかり選択肢に迷ってしまい、ゼミの先生に相談したところ、教えていただいたのが外苑企画商事でした。

――恩師からはどのように勧められたのですか?

「ここなら調剤薬局も病院勤務も経験できるよ」とアドバイスをいただき、両方経験できるのは良いなと思いました。そこでホームページや見学を通して情報集すると、5年10年と長く勤めている方や、産休・育休を取得されている方が多いと知り、安心だなと。私自身、腰を落ち着けて長く働きたいと思っていたので、こうした情報も入社の決め手になりました。

チームで在宅訪問に取り組むやりがい。

――現在入社2年目と伺っていますが、入社後はどのような経験を積まれてきたのでしょうか?

1年目は大規模な調剤薬局で、処方箋の枚数や患者さんの人数、世代も幅広く対応していました。2年目からは、小児がメインの規模の小さい薬局に異動しました。今いる薬局では子どもへの薬の飲ませ方など、患者さん一人一人の相談事にも対応しています。また、最近は在宅訪問に携わることも増えました。

――在宅訪問について、具体的に伺えますか?

患者さんはご高齢の方がほとんどで、ご自宅にお住まいの方もいれば、介護施設にいらっしゃる方もいます。患者さんごとに体調も異なりますので、調剤を行う際には腎機能や肝機能のことを考慮したり、飲み込む機能が弱っている場合には、お薬を飲みやすいように錠剤を潰したりと、一人ひとりに合わせて薬の作り方も変えています。

――1日に何件ほど訪問するのでしょうか?

多い日は4件、少ない時は1件のみの日もあります。基本的に、午前中は薬局内で外来の処方箋を受けて、午後から訪問に出かけて夕方に戻り、報告書を書くといった流れですね。決まった患者さんを担当するわけではなく、その日ごとに持ち回りは変わるので、薬剤師みんなで地域の患者さんの情報を共有し合っています。

――他の医療従事者と連携するケースなどもあるのでしょうか?

患者さんのご自宅で聞いたことや気付いたことは、必ずケアマネージャーやドクターにフィードバックします。やはり訪問すると患者さんの生活環境や、薬を飲んでいる・飲んでいないという状態もはっきり分かります。そこで得た情報を踏まえて、主治医の先生に「こういう薬に変更できませんか?」「前回の薬がまだ残っているので、量を減らすべきです」と相談して、チームで患者さんをサポートしています。こうした活動は本当にやりがいがありますし、もっと深く関わっていきたいと思っています。

ベテランの先輩のように、患者さんと深く関わっていきたい。

――高齢化の時代を迎える中、今後ますます在宅訪問の重要性は高まっていきそうですね。

おっしゃる通りだと思います。ただ、実際に経験してみると、白衣=看護師とイメージする患者さんもかなり多く、看護師さんと呼ばれることもあります。薬剤師による訪問サービスは、まだまだ浸透してないと感じました。その一方で、薬剤師によってはカレンダーに朝昼晩の薬をセットして、患者さんの飲み忘れを防いだり、患者さんが1番飲みやすい薬や方法を提案したり。薬剤師だからこそできる訪問サービスがあるなと感じています。なので、今後は在宅訪問そのものの認知度も高めていきたいですね。

――薬剤師として今後の目標はありますか?

私はまだ在宅訪問を始めたばかりですが、先輩には10年近い経験をお持ちの方もいます。その先輩は、患者さんの名前を聞いただけで、飲んでいる薬の種類がスラスラと出てきて、顔色だけで体の調子も分かってしまうんです。患者さんからの信頼も厚いですし、私もそれぐらい深く携わっていけたらと思っています。

――最後に、今後の目標とメッセージをお願いします。

ここには、病院薬局と調剤薬局の両方が経験できるだけでなく、在宅訪問など幅広い経験を積める環境が整っています。「○○の認定薬剤師」を目指したいといった目標があれば、資格取得支援の制度も充実していますし、さまざまな経験を積みながら自分の可能性を広げたい方には、ぜひ外苑企画商事の扉を叩いてほしいですね。